『とくダネ』尾木ママ、ツーブロックに大賛成の理由 「最強のアンサー」

『とくダネ!』では、大きな話題になっているツーブロックの問題について特集。尾木ママの発言が反響を呼んだ。

エンタメ

2020/07/16 13:00

尾木ママ・尾木直樹
(写真提供:JP News)

16日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)に、「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹氏が出演。東京都教育長のツーブロックに対する発言が物議を醸している件について、私見を述べた。



 

■教育長の回答が「偏見」と物議

共産党の池川友一都議会議員が自身のツイッターに投稿した「都議会予算特別委員会」の動画が発端となり、大きな話題になった「ツーブロック」が校則で禁止されている問題。

池川都議が、なぜ都立の高等学校でツーブロックは校則違反になるのか、教育長に問いかけたところ、「外見等が原因で事件・事故にあうケースがあるため、生徒を守るためとの趣旨から定めている」などと回答し、「偏見」「見た目は関係ない」と物議を醸している。


関連記事:尾木ママ、感染者ゼロの岩手に出されていた要請に驚き 「ひどい話」

 

■外見差別を助長させる

番組では、こちらのツーブロックの問題について特集。教育長の発言を受けて、社会学者の古市憲寿氏は「問題なのは、教育に携わる方が『外見で人を差別しても良い』ってメッセージを堂々と発していることだと思うんですね」と、今回の騒動の問題点を明らかにする。

続けて、「ツーブロックだから犯罪に巻き込まれやすい」という意見は、外見差別を助長させると語った。

次ページ
■尾木氏「かわいくて大好き」