『スッキリ』近藤春菜、奥平大兼に贈った「思春期の悩み」改善策が秀逸すぎ

『スッキリ』(日本テレビ系)に、いま注目の新人俳優・奥平大兼が出演。奥平の悩みに近藤春菜が言い放った言葉が秀逸だった。

ハリセンボン・近藤春菜

16日に放送された『スッキリ』(日本テレビ系)に、いま注目の新人俳優・奥平大兼が出演。

女性とうまく話すことができないと悩む高校生の奥平に、番組MCの「ハリセンボン」近藤春菜が大人の女性として見事すぎるアドバイスを贈った。



 

■長澤の強烈ビンタを受けて…

俳優デビュー作となった映画『MOTHER マザー』で主演・長澤まさみの息子役を熱演し、話題を集めている奥平。

この日はゲストとしてスタジオに登場し、劇中、長澤に強烈な平手打ちを食らうシーンについて「リハーサルでは“空”だったのですが、本番では本気でビンタされてパニックに…。そのおかげで迫真のシーンになりました」(笑)」と吐露するなど、撮影時の裏話を次々明かしていった。


関連記事:『スッキリ』看護師からの“お願い”にスタジオ絶句 「恐怖で泣いている」

 

■「なんでかしら」

トーク後半では、思春期真っ只中である奥平の「女性と話すのが苦手」という悩みを春菜と、番組MCの加藤浩次が聞いてあげるという展開に。

「緊張でうまくしゃべれなくなっちゃう。カッコつけようと意識しちゃうみたい」と悩みを打ち明けると、加藤は「春菜とは話しやすい?」と質問。一瞬我に返った奥平が「あ…話しやすいですね…」と答えると、春菜は「なんでかしら」と間髪入れず自虐的なツッコミを飛ばしスタジオを沸かせていた。

次ページ
■春菜が贈った言葉

この記事の画像(2枚)