天才F1ドライバーのルイス・ハミルトンは愛犬も完全菜食主義 1頭が急死し疑問の声も

6~7歳の犬は、動物性たんぱく質の摂取が基本と考える愛犬家がほとんど。しかし、天才F1ドライバーの彼は違った…。

社会

2020/07/18 13:00

ヴィーガンの犬     
(rneumi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

2008年に史上最年少でワールドチャンピオンの座に輝き、現在もF1ドライバーのランキング1位につけている天才ドライバーのルイス・ハミルトン(35)。F1第2戦シュタイアーマルクGPでも圧倒的な強さで勝利を飾ったが、私生活に関してちょっと物議を醸していることがわかった。



 

■独身貴族で無類の愛犬家

ブルドッグの愛犬、ココ(Coco)とロスコー(Roscoe)の2頭を「親友」と呼び、その様子をたびたびSNSで発信してきたルイス・ハミルトン。実家の両親が無類の愛犬家で、多頭飼いの犬たちと共に育ったそうだ。

2013年に迎えたロスコーは特にお気に入りで、パスポートを取得すると世界各地に帯同。パドックにも入れるため、関係者に批判されたこともある。

またハミルトンは大変なモテ男で、多数のハリウッド美女と浮き名を流すも、結婚願望がほとんどみられない。毎晩のように愛犬を抱いて寝るという事実に、「彼が真に愛し、信頼しているのは犬」といった声も聞かれるほどだ。


関連記事:Fカップグラドル・COCO 愛犬との羨ましすぎるグラビアが話題に

 

■愛犬もヴィーガン生活

ハミルトンは、じつは数年前から食生活を変えていた。まず赤身の肉を絶ち、続いて鶏肉もやめ、動物性たんぱく質は魚介類からのみ摂取しているという。

そんな中、愛犬との暮らしぶりに特化し、18万人のフォロワーを獲得していたインスタグラムのページで、彼は「僕の愛犬も今ではヴィーガン。完全菜食主義で育てている」と告白した。

一方、ココが先月わずか6歳で心臓発作により急死していたことも判明。

View this post on Instagram

Last night at around 9pm, my beautiful little girl Coco died at home with the family by her side. Her little heart gave in, we think it was a heart attack. I tried to revive her but it was no use. She’d had the best day, happier than I’d seen her in a long time. She was such a special dog, born with so many problems and I feel so lucky to have adopted her. The lady who bread her said she was going to have to put her down as she wouldn’t be able to afford all the things she would need to survive, she went through a lot to become the bouncy, lazy loving dog she was. On her last day, we shared a special moment playing together which I will never forget. I will miss her snoring and how happy she was always to see me. She was only 6, healthy and happy. Naturally, my heart is broken but i hope she’s in a better place with my Aunty Diane. Wanted to share with you and thank those of you who loved her, cared for her. #coco #restinpeace

A post shared by Roscoe & Coco Hamilton (@roscoelovescoco) on


愛犬家の間で「その食生活との関連性はないのか」と波紋を広げている。

次ページ
■「良いことづくめ」と喜ぶも…

この記事の画像(1枚)