ノルマを果たさなかった罰とは? 女性職員が激辛菓子を食べさせられたあげく解雇に

激辛スナックを食べることを強要され、気を失って倒れた女性職員。この職員には、さらなる悲劇が待っていた。

社会

2020/07/18 13:30

パワハラ
(Tony Studio/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

一生懸命に働いても、会社の期待通りの成績を残せないことはあるだろう。それを理解されずひどい目に遭わされた女性が、体調をひどく崩し病院へ。

診察を受けた後にどうにか仕事場に戻ったものの、会社側は女性の体調を心配するどころか「君はもう会社には来なくていい」と言い渡した。



 

■驚きの罰で卒倒した職員

中国・四川省にある会社で、驚きのパワハラ・モラハラ被害を受けた女性がいる。女性を含む7名のスタッフが「ノルマを果たせなかった」という理由で呼び出され、非常に辛いことで知られるスナック菓子を食べるように強要されたのだ。

女性は、あまりの辛さに体の痛みを訴え始め、ついには気絶。同じ罰を受けた仲間のうち1名と共に、病院に行く羽目になった。


関連記事:歩行中に胸を銃で撃たれた女性 シリコン製豊胸バッグのおかげで命拾い

 

■下された診断

たまたま生理中だった女性は、病院で診察にあたった医師から「これは生理痛と急性胃腸炎です」という診断を受けた。

その後に女性から診察結果を聞いた会社側は、「医療費だけは負担する」と申し出て支払いをしたが、賠償金などの支払いについては断固拒否したという。

次ページ
■突然の解雇宣告

この記事の画像(1枚)