24時間に77300人の新コロナ感染者 たがの緩みで米国が過去最悪の記録

新型コロナウイルス対策のたがが緩めば、やはりこうなるのか…。その典型例が今のアメリカだ。

社会

2020/07/18 16:40

新型コロナウイルス・COVID-19
(画像提供:アメリカ国立アレルギー・感染症研究所)

日本も今、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新感染者数が急激に増えており、第二波ついに到来かと騒がしくなっている。海外ではそれにより再びのロックダウン(都市封鎖)を余儀なくされる都市が増えているが、今、特に注目されているのがアメリカ政府の判断だ。



 

■放置することへの不安

経済を回すためにも再びの外出自粛を要請することは難しいと考える日本政府と、「このまま放置していて大丈夫なのか」と不安を募らせる世間。

「Go Toキャンペーン」に至っては、国民の意識や各都道府県のトップ、対する政府との間に感じられる大きな温度差も人々の苛立ちの原因となっている。

そのあたりは海外も同様だ。ここにきて新型コロナウイルスの新しい感染者の数が再び急増しているアメリカでも、人々は政府の出方に大きな注目を払っているようだ。


関連記事:「ロックダウン解除を」猛烈抗議の米男性 皮肉にも新型コロナで逝く

 

■少なくとも377万人が感染

世界ワーストのコロナ感染者が確認されて久しい米国。7月18日午前11時半現在、累計で3,770,000人超の感染者が確認されており、死者の数も142,000人を超えている。人口が3億3,100万人ほどであるため、最低でも88人に1人の割合で感染が確認されたことになる。

ロックダウンの解除後、人々がおおいにハメを外している様子がたびたび報じられ、米国の第二波到来は確実ともいわれていたが、そんな中でじつは驚きの数値が発表されていた。

次ページ
■7月10日から急増