森山直太朗が「生きてることが辛いなら」熱唱 「泣きそうになった」と反響相次ぐ

『音楽の日』で森山直太朗が「生きてることが辛いなら」を熱唱。三浦春馬さんの自殺報道に関連してトレンド入りした。

エンタメ

2020/07/18 20:10

三浦春馬

18日、俳優の三浦春馬さんが死去したことがメディアで報じられた。報道によると、自宅で死亡しているのが発見されたという。



 

■「生きてることが辛いなら」熱唱

同日に放送された『音楽の日』で森山直太朗が「生きてることが辛いなら」を熱唱。泣ける名曲として知られるこの曲は曲名もだが「生きてることが辛いならいっそ小さく死ねばいい」といった歌詞が自殺を助長するのではないかと批判を集めることもあった。

三浦さんが亡くなった日に歌われたということで、ネットでは「森山直太朗」がトレンド入りするほど話題となっている。


関連記事:武田鉄矢、『母に捧げるバラード』を「ほぼ語り調の曲」にした理由

 

■「泣きそうになった」

以前より歌う曲は決まっていたため、狙ったものではないが、ネットでは「歌っているところ見て泣きそうになった」「あまりにタイムリーすぎてぶっ刺さる」「森山直太朗の曲が重く響いている…」と感動する声も多くみられた。


■音楽が人生の助けに

悩んでいる人に対し語りかけるようなこの曲を聞いて、「ありのまま生きていいんだ」救われたという人もいたのではないだろうか。

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,653名を対象に、「音楽について」の調査を実施したところ、ほぼ半数の人が「音楽は人生の助けになってくれた」と回答した。

音楽が人生の助けになってくれたことがあるグラフ

一件成功しているようにも見えた三浦さんだが、抱えきれないほどの悩みをもってしまったのだろう。ネットでの誹謗中傷が自殺の原因とする声も上がっているが、詳細は闇の中だ。

・合わせて読みたい→『ジャンプ』新連載は鬼滅の再来か 「さすが矢吹先生!」と絶賛の声

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)