海辺でハンバーガーを奪われかけて逆上 カモメに噛みついた男を逮捕

海岸の低空を飛び回るカモメの大群。彼らは空腹で、食べ物を得るチャンスを常に探している。

社会

2020/07/19 08:00

カモメ
(Stefan Rotter/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

空腹を満たすべく、ガブリとひと口頬張ったハンバーガー。それを誰かにいきなり奪い取られれば悔しいだろうし、「食べ物の恨みは恐ろしい」とはよく言われる。それでも、暴力だけは絶対に良くない。



 

■海辺には無数のカモメたち

7月9日、イギリス南西部の港湾都市プリマスで、1件の動物虐待事件が起きた。

妻とともに海辺に繰り出し、マクドナルドで購入したばかりのハンバーガーを頬張っていた26歳の男。しかし、飛んできたカモメに残虐な行為を働いて通報され、現場に急行したデヴォン&コーンウォール警察の職員により逮捕された。氏名などは明らかにされていない。


関連記事:女性2人を切りつけ重傷を負わせた男 あきれた動機に厳罰求める声も

 

■カモメに噛みつく

食べ始めたばかりのハンバーガーを奪おうとしたカモメに対し、激しく毒づいた男。しかし食べ物ほしさにカモメも大きな鳴き声で応戦し、苛立った男はカモメを手で捕まえた。歯をむき、ガブリと噛みつくと、その体を地面に叩きつけたという。

その後、カモメは何とか飛び上がり現場を去ったが、負傷しているのは明らかだった。一方、男はドラッグの影響下にあることが強く疑われ、検査のため市内のデリフォード病院に連行されている。

次ページ
■年々カモメは攻撃的に

この記事の画像(1枚)