海辺でハンバーガーを奪われかけて逆上 カモメに噛みついた男を逮捕

海岸の低空を飛び回るカモメの大群。彼らは空腹で、食べ物を得るチャンスを常に探している。

社会

2020/07/19 08:00


 

■年々カモメは攻撃的に

イギリスではここ数年、食べ物ほしさにカモメが以前にも増して攻撃的になっている。

持っている物、口にしている物を素早く奪い、くちばしで人を傷つけるばかりか、チワワなど小型犬を連れ去ろうとした事例もあり、カモメを嫌う人は増える一方だ。

プリマスから遠く離れたイギリス北西部のモーカム湾でも、カモメが民家の玄関ドアの上に巣を作り、出入する家人を攻撃。くちばしで後頭部を突かれた男性は、出血して病院に運ばれている。


関連記事:「子供は残虐な光景を撮りたいはず」 大人の男たちが幼いアザラシを虐待

 

■「罰せられますよ」と警察

そんな中、デヴォン&コーンウォール警察は公式ツイッターで「カモメは『1981年・野生生物及び田園地域に関する法律』の下で保護されています」とし、男の起訴が検討されていることを明らかにした。

もしも有罪判決が下れば、懲役6ヶ月の実刑判決か、日本円で約67万円の罰金を支払うよう命じられる可能性があるという。「カモメが好きか嫌いかは別として、虐待すれば罰せられます」と警告する同警察。決して感情的にならないよう市民に呼び掛けている。

・合わせて読みたい→動画投稿が目的で犬をバルコニーから投げた18歳 重度の動物虐待で起訴

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)