ウエンツ瑛士、2週間前の三浦春馬さんの様子語る 二人で語り合った夢も

『ワイドナショー』にウエンツ瑛士が出演。三浦春馬さんの生前の様子について語った。

エンタメ

2020/07/19 11:40

ウエンツ瑛士

18日、俳優の三浦春馬さんが死去したことがメディアで報じられた。翌19日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、このことを冒頭で取り上げ。

バラエティ番組などで共演経験もあるウエンツ瑛士が、涙を浮かべながら、二人の思い出などについて語った。



 

■一緒に語った夢

この度の訃報に、「本当に分からないっす」と途方に暮れた様子を見せるウエンツ。2週間前には、ある番組で共演していたといい、収録の合間には楽しく喋っていたと話す。

さらに「いつか一緒に舞台やりたいね」と二人で夢を語り合ったばかりであることも明かし、目に涙を浮かべながら「本当に…」と声を詰まらせた。


関連記事:ウエンツ瑛士、松本人志にお土産渡すが… 「箱に貼られた文字」に注目集まる

 

■「いつもみんなの味方」

また、普段の三浦さんの振る舞いや性格について尋ねられると、「一番最初に出てくるのは絶対『優しい』ですね。これ誰に聞いても(そう)」と回答。

「いっつもみんなの味方なんですよね。色んな報道があるときもそうですし。現場にいるときのリーダーシップだったりとか」「誰に聞いても、春馬くん大好きだし、本当に才能豊かだし。明るくて、いっつもみんなを引っ張ってくれてて…」と、悲しげな表情で語った。

次ページ
■小池徹平を心配する声も