川藤幸三氏、阪神は「やられたらやり返す」と熱弁 熱さに張本勲氏も苦笑

元阪神・川藤幸三氏が阪神の今後を熱弁

スポーツ

2020/07/19 11:25

阪神タイガース

19日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)に元阪神タイガースの川藤幸三氏がゲスト出演。張本勲氏を苦笑いさせるほどの勢いで、阪神タイガースについて語った。



 

■川藤氏が阪神の浮上を予言

開幕当初負けが混み最下位だった阪神だが、7月に入ると巻き返し、18日の中日戦に勝ち3連勝で4位に浮上。その様子を見た川藤氏は「(首位の)ジャイアンツの勢いを止めるのは阪神しかない」と断言する。

不満そうな関口宏が「またまたまたまた」とツッコミを入れるが、川藤氏は「数字見たらわかるように、最大開幕から、8個の借金ありましたよね」と指摘。

そして、「まさかこんなはよから、阪神が上がってくるとは思ってなかった。 これはね、プロ意識として、『やられたらやり返す』という、これを如実に表したのが今のタイガースなんです」と力説した。

続けて「日替わりで色々な選手が活躍している」と指摘し、「巨人だけのセリーグじゃない。これから巨人と阪神が絶対競っていきますから」と断言。

関口が「間違いないですね?」と聞くと、川藤氏は「はい」とキッパリ。これを聞いていた張本氏は、反論せず「フフフ」と苦笑いを浮かべた。


関連記事:張本勲氏、噛みつきと頭突きを語り驚き広がる 「パッチギ」にも持論

 

■中日選手のミスに「喝」

川藤節は中日ドラゴンズの石川駿内野手が「5-4-3」の併殺を狙う際、サードから送球されたボールを受けると、ベースを踏まずに1塁に投げ、セーフにしてしまった話題でも炸裂。

「喝ですよ。こんなもん、ベース踏むっちゅう、当たり前のことをやっぱりやってないっちゅうのは、あかんわね」「一連の練習からやってないんですよ。ベースを踏んでいるという思い込みなんですわね」と、怒りをぶつける。

関口が「だけどわかるでしょ、踏んでるか踏んでないかくらい」と声をかけると、川藤氏は「だから、喝なんですよ」と断言した。

次ページ
■視聴者から称賛の声も