ラーメン店のようになったホテルの内観が「強すぎる」とネット上ザワつく

北海道のホテルと、ラーメンチェーン「山岡家」がコラボしたコンセプトルームが誕生。ネットで話題を集めている。

話題

2020/07/20 18:20

山岡家
(写真引用:山岡家HPより)

札幌東急REIホテル(北海道・すすきの)は20日、全国約165店舗展開するラーメンチェーン「山岡家」とコラボした専用宿泊ルーム「山岡家部屋」を22日から販売すると発表。

ネット上で、ラーメンフリークがザワつく事態となっている。


画像をもっと見る

 

■奇跡のマリアージュ

山岡家

このプランは東急REIホテルスタッフの「あっと驚く楽しい企画で地元すすきのを盛り上げたい!」という、熱い思いから考案されたもの。

本社を札幌に置く全国チェーンのラーメン店「ラーメン山岡家」がこの企画に賛同した結果、コンセプトルームとして店そのものを再現するという奇跡のマリアージュを起こしてしまったというのが経緯だ。


関連記事:中村獅童、二郎系ラーメンを自作 完成度の高さに全国のジロリアンが唸った

 

■さあこのお部屋でぐっすり眠ろう!

山岡家

室内に入ると、まず目に飛び込むのは赤ベースに白字の「ラーメン山岡家」の看板。ドライブに行くとよく幹線道路沿いで目に飛び込んでくる、インパクト大な“あの看板”だ。

さらに店内をイメージした壁紙、のれん、メニューポスターなどを設置。写真や小物で、リアルな空間に仕上げている。素晴らしい臨場感である。

次ページ
■ファンに嬉しい特典も…

この記事の画像(4枚)