『コンフィデンスマン』の三浦春馬さん役柄説明に感動の声 「泣きそう」

『コンフィデンスマン』が、三浦春馬さん演じるジェシーについて「誰からも愛される男」と紹介。感動の声が広がった。

エンタメ

2020/07/21 04:00

三浦春馬

映画『コンフィデンスマンJP』の公式アカウントが20日、ツイッターを更新。三浦春馬さん(享年30)演じるジェシーの役柄説明に、感動の声が広がっている。



 

■「永遠のコンフィデンスマン、ジェシー!!」

『コンフィデンスマンJP』は、長澤まさみ演じるダー子ら詐欺師たちが、壮大な仕掛けでターゲットから大金を巻き上げていく物語。今月23日には最新作『プリンセス編』が全国公開される。

同アカウントでは、三浦さん演じるジェシーについて「すべての女性が恋に落ちてしまう天才恋愛詐欺師。ダー子と恋仲だった噂も…裏切り、寝返り、何でもありのワルい奴のはずなのに、どこか憎めず、誰からも愛される男。永遠のコンフィデンスマン、ジェシー!」と、追悼の意を示すようなコメントで紹介。

金髪姿で笑みを浮かべながら、ポージングを決めている写真も添えた。


関連記事:三浦春馬さん死去、数日前には笑顔でメッセージ 賀来賢人のSNSも話題に

 

■心打たれるファン続出

これまで「コンフィデンスマン辞典」として、出演キャラクターを説明してきた同アカウントだが、三浦さんの訃報と相まって、ジェシーの紹介は大きな反響を呼んだ。

コメント欄には「誰からも愛される男。本当にそうですね」「騙されているだけなのだと、まだ信じたい」「かっこ良すぎて泣きそうです」「戻ってきてほしい」の声。

「永遠のコンフィデンスマン」という紹介文には「『永遠の』にすごく愛を感じます」と心を打たれるファンの姿もあった。


■地上波放送では追悼テロップ

訃報が流れた18日に、地上波で放送された『ロマンス編』(フジテレビ系)では、「三浦春馬さんが本日お亡くなりになりました。謹んでお悔やみ申し上げますと共に、心からご冥福をお祈りいたします」と、冒頭に追悼テロップが。

その後、ジェシーが登場すると、SNSでは「このタイミングで三浦春馬の映像は泣いてしまう」「見てると涙が…」などのコメントが投稿され、盛り上がりを見せていた。ネット上に追悼の書き込みがあふれるたびに、惜しい人を亡くしたとつくづく実感させられる。

・合わせて読みたい→三浦春馬さんに八嶋智人・吉田羊らがメッセージ送る 「どう受け止めれば…」

(文/しらべぇ編集部・RT