山里亮太、田中みな実のあざとさに驚嘆 「恐ろしい」「こんなこともできるんだ」

山里亮太が、田中みな実の策略に驚嘆したエピソードを告白。プロデューサーに対しても…。

エンタメ

2020/07/23 19:00

南海キャンディーズ・山里亮太

お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太が22日深夜放送の『山里亮太の不毛な議論』(TBS系)に出演。「あざとい」でおなじみのフリーアナウンサー・田中みな実の策略に驚嘆したエピソードを語った。



 

■「ぎこちなくやるのがいい」

田中と弘中綾香アナと共演する25日放送予定の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)での出来事。

「ダンスを踊ったら盛り上がりそう」という田中の提案を受け、番組では田中と弘中アナがダンス企画に挑戦することに。事前にテーマ曲と振り付けが用意され、本番までに練習してくることになっていた。

2人ともダンス未経験。それでも田中は「ダンス初心者の二人がぎこちなくやるのがいいじゃない」と語っていたという。


関連記事:弘中綾香アナ、あざといダンス動画投稿でファン骨抜き 「宇宙一かわいい」

 

■あざとさに驚嘆

しかし、本番では「(田中が)練習しまくって、めちゃくちゃ完璧」にダンスをマスターしてきていた明かした山里。ぎこちないダンスをする弘中アナと、完璧に踊る田中。

現場で見届けた感想として「一目で分かるの、弘中ちゃん下手だなって」と振り返った上で「恐ろしいよ、田中みな実大先生」「すげーな、こんなこともできるんだって。テスト前に『勉強してない』ってうそつく人間の恐怖。その現代版を見た」と、自分の評価を上げるための”あざとさ”に驚嘆していた。


■プロデューサーにも…

同番組プロデューサー・芦田太郎氏に対する接し方に驚いたことも。

芦田氏に対し「さん付け」で呼ぶ山里に対し、田中は「芦田くん」だったそうで「ビックリしたのよ。田中みな実大先生は、もう『芦田くん』なのよ。『芦田くん、それこの前言ったやつね』って」と距離感が近かったという。

田中の数々のあざとさを証言してきた山里。一方で「テレビが何かして欲しいっていう時の、何かを察知して、それに対して全力で出すっていうのがすごいから、やっぱりスタッフさんとしても厚い信頼がある」と絶賛の言葉も忘れなかった。

プロデューサーまで手玉にとる田中みな実、恐るべし。

・合わせて読みたい→弘中綾香アナの辛辣な本音に和牛・川西ショック 「それなら友達連れてこい!」

(文/しらべぇ編集部・RT