自転車でコーヒーを持ち帰るには… 溢さず氷も溶かさない最強の方法

コンビニやカフェでテイクアウトしたコーヒーを安全かつ温度を保ったまま持ち帰るには…?

話題

2020/07/24 06:00

自転車でコンビニに来てしまった際、「ドリップコーヒーをどうやって持ち帰ろうか」と、悩んだり困った経験がある人は、決して少なくないはず。

しらべぇ編集部では、100円ショップのアイテムと、今話題の「コンビニカップ対応タンブラー」を駆使し、コンビ二やカフェでテイクアウトしたコーヒーを、安全かつ適温のまま持ち帰る方法をご提案したい。


画像をもっと見る

 

■キャンドゥのドリンクホルダー

キャンドゥ「ドリンクホルダー」

自転車用のドリンクホリダーというと、アウトドア用品のメーカー品を検索してしまいそうだが、我らが『キャンドゥ』から、自転車のハンドル部分にぶら下げて使う、布製のドリンクホルダー(100円・税別)が発売されている。

そのまま使ってももちろん良いのだが……

キャンドゥのドリンクカップとタンブラー

ローソンやファミリーマート、Francfrancからも販売されている、コンビニのドリップコーヒーカップに対応したタンブラーをセットで使うことで、適温を保ったまま快適に持ち帰ることが可能に。


関連記事:セブンイレブン、ペットボトルを保冷するコレが最高 コーヒーもすっぽり

 

■全てがジャストフィット

キャンドゥ「ドリンクホルダー」

実際に、キャンドゥのドリンクホルダー+タンブラーに、セブン-イレブンのラージサイズのカップをセットしてみたところ、全てがジャストフィット。安定感を検証するため、上り坂と下り坂の両方があるでこぼこ道のコースを約10分ほど走行してみた。

キャンドゥ「ドリンクホルダー」

デコボコした道の影響で、若干コーヒーが揺さぶられてしまったものの、液漏れはなし。気温が30℃近い中での検証となったが、タンブラーの保冷効果で氷は全く溶けておらず、最高の飲み心地を維持したまま自宅へ持ち帰ることができた。

次ページ
■たっぷりサイズにも対応

この記事の画像(7枚)