寄生虫が棲みつき肝臓を半分切除した男性 半生の魚料理が原因で…

肝臓という大切な臓器。これを半分も切除されてしまうとは、寄生虫を侮ってはならない。

社会

2020/07/25 14:00

生魚
(ia_64/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

刺身や寿司が好きだという人たちは、鮮度と寄生虫には特に気をつけなければならない。また火を通す魚料理でも“半生”は厳禁だ。このたび50代の男性に関する恐ろしい症例が報告された。



 

■肝臓の半分を切除

中国・浙江省の浙江大学医学院附属杭州市第一人民病院。ここの医師から報告された寄生虫に関する感染症の症例が、「怖すぎる」と話題を呼んでいる。

半生の魚の摂取により寄生虫が男性の体内に入り込み、肝臓に棲みついてダメージを与えていたことが判明し、肝臓の半分を切除する大手術が行われたというのだ。


関連記事:亡夫の臓器で助かった男性に再びの危機 「今度は私が救う」と未亡人も臓器提供

 

■半生で食べる魚の珍味

「Xieさん」とだけ明らかにされた55歳の男性は、例えようのない疲労感、食欲不振、腹痛、下痢に4ヶ月間も苦しみ、市販薬などで解消されないことから、同病院で精密検査を受けた。画像診断で判明したのは、寄生虫が肝臓の左葉に棲みつき、大量の卵を産んでいるという事実だった。

食生活についての質問を受け、男性は医師に「半生の魚の料理を食べた覚えがある」と回答。一瞬だけお湯にくぐらせて食べる珍味のような魚料理だったという。

次ページ
■膿の入った巨大な嚢胞

この記事の画像(1枚)