人気のひよこ豆に発がん性の疑い 残留農薬が危険なレベルと米国調査団体が警鐘

人の命にかかわってくる水、土壌、そして化学肥料や農薬。近年、食の安全性の問題について「真に頼れるのは独立性を保つ民間の調査団体」との声も多い。

社会

2020/07/26 06:20

ひよこ豆
(Gingagi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

西アジアが原産の豆の一種で、サラダのトッピング、スープ、カレーなどによく使用される茹でたひよこ豆。それをディップ状にした地中海料理の「フムス」も人気だ。ところが海外で今、このひよこ豆についての心配な話題が浮上している。



 

■ひよこ豆に目立つ残留農薬

ワシントンD.C.に本部を置く、米国の非営利団体『エンビロンメンタル・ワーキング・グループ(略称EWG)』。農産品や飲料水などに含まれる残留農薬や有毒な化学物質、汚染物質について調査して30年ほどになる。

独立性を保つこの団体が、市販のひよこ豆とひよこ豆から作られるフムスに関し、残留農薬による発がんの危険性を指摘した。豆は全般的に食物繊維やミネラル類が豊富で、ヘルシーフードとして多用されることから、安全性が強く求められる食材でもある。


関連記事:高嶋ちさ子、意外な場所でソーシャルディスタンス発見 「いい距離感だ…」

 

■フムス60グラムを食べると…

ところがEWGが袋入りの乾燥豆、レトルトパック、缶詰入りなどひよこ豆37商品を検査したところ、9割から農薬の「グリホサート」が検出され、いくつかは非常に高い濃度を示した。同時に検査したエンドウ豆やレンズ豆においても、同様の結果だったという。

またディップ用の丸いカップに入ったフムスは、世界展開の有名フードブランド、あるいは大手スーパーマーケットチェーンによるプライベートブランドの多くが製造。

27商品のうち3分の1が60グラム(大さじ約4杯)を食べるだけで、1日あたり安全とされる農薬摂取量の基準値を超えてしまうことがわかったという。

次ページ
■オーガニックの表示がある商品を

この記事の画像(1枚)