マクドナルド店舗の屋根に遺体 空き巣から殺人容疑者になった18歳の女を逮捕

これは善良な市民が恐れるべき、あまりにも不運な犯行被害のパターンかもしれない。

社会

2020/07/26 06:40

空き巣
(ChrisBoswell/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ある朝、マクドナルドの店舗の屋根の上に乗せられていた成人男性の遺体。殺害されたことは明白だった。いったいなぜ、誰が何の目的でそのようなことをしたのか。



 

■店舗の屋根の上に遺体

米国・ニューヨーク市ブロンクス区にあるマクドナルドの店舗で今月15日午前6時頃、メンテナンス作業員が屋根の上に男性の遺体が乗っていることに気づき、警察に通報した。

遺体は、現場のすぐ隣のアパートに暮らすリチャード・ハムレットさんであると判明。ニューヨーク市警は殺人事件とみて、死体遺棄の目撃情報や防犯カメラの映像を追った。


関連記事:「息子が欲しかった」という夫 娘2人を産んだ妻を姑・小姑と殺害か

 

■18歳の女が容疑を認める

捜査の結果、市警は16日夕方に事件の容疑者として、アイヤム・スタムリスという18歳の女の身柄を拘束した。

容疑を認めたスタムリスは、「男友達2人とあるアパートの一室に侵入したところ、ハムレットさんと遭遇した。顔を見られたので殺害した」と供述。男たちは今なお逃走中で、警察が行方を追っている。

次ページ
■外に放り投げられた遺体

この記事の画像(1枚)