親が不在の数分間に起きた悲劇 カーテンで遊んでいた女児が窒息死

楽しく遊びながら留守番していたはずの女児が死亡し、遺族は深い悲しみに暮れると同時に後悔をにじませている。

2020/07/26 07:40

(aruhita/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

両親が外出したすきに、カーテンを体に巻き付けて楽しく遊んでいたある女の子。しかし思いもよらぬ事故が起き、女の子は帰らぬ人に…。



 

■外出した両親

7月11日、タイで暮らすある夫婦が親戚に会いに行くため家を留守にした。このとき、9歳の女児を含む4人の娘は留守番をすることになった。

親戚は近くで暮らしているらしく、夫婦が家を空けた時間はわずか数分。しかし用事を済ませて急いで帰宅すると、9歳女児がカーテンを首に巻き付けた状態で意識を失っていたという。両親は慌ててカーテンを首から外し、女の子の蘇生を試みた。


関連記事:7歳女児が嘘にだまされ誘拐・強姦され殺害 22歳の容疑者を逮捕

 

■まさかの死亡宣告

必死に蘇生を試みたのち、両親は女の子を病院に搬送。しかしすでに手遅れの状態で、病院に到着するなり死亡を宣告された。

家族によると、女の子はこの日「カーテンを首に巻き付けて幽霊ごっこを楽しんでいた」とのこと。一緒にいた姉が念のために女の子の体を支えていたというが、女の子は足場の隙間に誤って落下。姉が気付く間もなく首が絞まり、そのまま亡くなってしまったとみられている。

次ページ
■祖母のコメント

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

遊び警察後悔危険死亡カーテン留守番窒息死事件性検視結果
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング