壮絶な嫁いびりで自殺に追い込んだ姑 嫁の死後に逮捕されコロナ感染も判明

息子の結婚相手として嫁いできた女性に嫌悪感を抱き、何年も嫌がらせを続け精神的に追いつめた姑がいる。

社会

2020/07/26 17:40

手錠・女性
(Ocskaymark/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ある家庭で起きた嫁姑問題が、嫁による焼身自殺という最悪な形で終わりを迎えた。しかし嫁の恨みは大きく、死ぬ間際に警察に真相を激白。極めて悪質な事件として警察も捜査を開始し、嫁いじめを続けていたとされる陰湿な姑の身柄を確保した。



 

■息子の嫁に抱いた嫌悪感

インドで暮らすある女性(30)には、ある大きな悩みがあった。それは嫁ぎ先の姑、さらには小姑と折り合いが悪いことで、3年前に結婚してからというもの、家族にはたびたび悩みを打ち明けていたという。

女性の実家の家族によると、女性は結婚した直後から頻繁に嫌がらせ行為を受けるように。心身ともにひどい虐待を受け続けた女性は、必死に耐えながら結婚生活を続けていたという。


関連記事:『オンライン帰省』嫁姑の間で困惑の声が上がるワケ 「夫と子供が…」

 

■嫁による焼身自殺

7月11日のこと、姑らのイジメに耐えかねた女性は自身の体に火を放ち、大炎上。ひどいヤケドを全身に負い、瀕死の状態で病院に搬送された。

すぐに駆け付けた警官らに事情を聴かれた女性は、病室にて「義理の家族による嫌がらせにずっと耐えていました」「とりわけ姑と小姑によるイジメがひどく、こんな極端な行動まで強いられたのです」と明かしたという。

次ページ
■女性の死に続く捜査開始

この記事の画像(1枚)