「元夫を50万円で殺して」 偽の殺し屋サイトに連絡した女を逮捕

「人殺しを請け負います」という殺し屋サイトの内容を信じ、連絡を入れたある女。この女が殺したいほど憎んでいた人物は、元夫だった。

社会

2020/07/26 17:20

1万円札
(st-palette/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

お金を支払ってもいいから、元夫を殺してほしい。そう考えた50代の女がインターネットで殺し屋サイトを見つけ、そこでヒットマンとの接触を試みた。



 

■殺し屋サイトに連絡

米国・ミシガン州で暮らす51歳の女は、「いっそ死んでほしい」と願うほどある人物を憎んでいた。

それは、女がかつて深く愛した元夫。結婚生活の破綻を経て元夫の死を願うようになった女は、インターネット上にある殺し屋サイトを発見。さっそく殺害依頼フォームを送信し、元夫を殺してほしいと要求した。


関連記事:新型コロナ感染とHIV陽性を匂わせた女 警官らへの悪質行為で実刑判決に

 

■おとり捜査の開始

女からの連絡を受け驚いたサイトの運営者は、「この女は本気で元ご主人の死を願っている可能性が高い」と考え通報。

そこで、ある警官がさっそく殺し屋になりすまし、女に連絡。女の地元にある駐車場を待ち合わせ場所に決め「ぜひ会いましょう」と呼び出し、本人から直接話を聞きだす作戦を立てた。

次ページ
■女の身柄確保に成功

この記事の画像(1枚)