14歳少女が生きたまま焼かれ死亡 実行犯の親戚を逮捕

たった14歳の少女がひどいヤケドを負い病院に搬送され、残念なことに命を落としてしまった。

社会

2020/07/26 18:20

炎・焚き火
(YOSHIMURA YOSHINORI/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

親と親戚の勝手なやりとりの結果、まったく罪のない少女が恨みを買い焼き殺される事件が発生した。両親を含む複数の親戚は、誰の犯行かを知りながら容疑者を擁護。逮捕されないよう必死に守ったという報道もある。



 

■兄弟間の話し合いが決裂

パキスタンで暮らしていたある少女は、まだ14歳。人生これからという時期だったにもかかわらず、家族は少女の将来につき勝手に話し合いを進めていた。

少女の父親は数ヶ月前に親戚と話し合い「うちの娘を嫁にやってもいい」と勝手に婚約を取り決め、それを知らなかった父親のきょうだいは「俺の息子と結婚させろ」と従兄妹同士の婚約を提案。それが原因でトラブルが発生したという。


関連記事:未成年との男女関係がこじれ… 少女を刃物で殺害した男が有罪認める

 

■生きたまま焼かれた少女

「それは無理だ」「他の親戚に娘をやると約束済みだ」と断られたこの男は、激怒。怒りは姪である少女に向けられ、その苛立ちは瞬く間に殺意となった。

「許しがたい」と憤った男は、少女が暮らす家に侵入。誰もいない家の中で少女の帰宅を待ち、少女が帰ってくるなりガソリンを浴びせ火を放った。

生きたまま全身を焼かれつつも、少女はどうにか家から這い出すことに成功。その後に病院に搬送されたが状態は極めて悪く、ほどなくして息を引き取ったという。

次ページ
■容疑者をかばった家族

この記事の画像(1枚)