「電脳女将」で人気旅館の一家が豪雨で死亡確認 3月の取材で語っていたこととは

大分県湯平温泉の人気旅館が豪雨の被害に。しらべぇ編集部が3月に取材した宿だった…

話題

2020/07/26 13:30

電脳女将
(写真提供 旅館つるや隠宅)

しらべぇ取材班が3月に取材した大分県湯平温泉の人気旅館「旅館つるや隠宅(いんたく)」。この旅館が7月に九州を襲った豪雨で被害に遭っていた。しらべぇ取材班は、現地の関係者に当時の状況を詳しく聞いた。



 

■避難途中に車ごと流された

「電脳女将」のアカウントで情報を発信し、サブカルチャー好きに人気の宿だった「旅館つるや隠宅」。この旅館を営む一家の行方を捜していた大分県は25日、発信を一手に担ってきた渡辺健太氏(28)の死亡が確認されたと発表。

湯平温泉関係者によると、旅館つるや隠宅は、豪雨で床上浸水並びに脇を流れていた川の激流で、旅館の一部が削られる被害に遭った。

そのため、雨がひどくなった中、健太氏と祖母の登志美さん(81)=9日に死亡確認=、登志美さんの長女で母の由美さん(51)=25日に死亡確認=、会社員で父の知己さん(54)の家族全員で、車で避難しようとしたところ、車ごと流されてしまったという。


関連記事:批判殺到の「Go To」 京都の旅館が炎上覚悟で打ち明けた希望と期待

 

■SNS上ではお悔やみの言葉が

SNS上では、「凄く優しい方でした。悲しすぎて言葉失ってます。 お悔やみ申し上げます」、「この方の発信が大好きだったし、何度かやり取りもさせていただきました」、「とても良いかたを失い大変な衝撃です」といった驚きの声やお悔やみが多数あがっている。

次ページ
■当時の取材には丁寧に対応