出会い系で見つけた男性との同性愛不倫から妻に高額保険金かけ殺害 夫に実刑判決

2年以上にわたる執念の捜査で事件について多くの事実が判明した。夫には同性の恋人が…。

社会

2020/07/27 10:00


 

 

■凍結胚を保管していた目的

5年ほど前、子供を強く希望するも授からないとして、夫妻は不妊治療専門医を受診。クリニックにはその後、受精卵を培養した凍結胚が保管された。

だがオーストラリアの男性と親密な関係にあったミテシュは、じつは妻との子育てには興味がなかった。男性の暮らす土地に移住し、その凍結胚を用いた代理母出産で赤ちゃんを授かり、男性と共に育てることを秘かに計画していたのだ。


関連記事:研修中の女医が子供の目の前で夫を殺害 「独特の目つきが怖かった」

 

■法廷ではDV癖の証言も

これらの事実を把握した警察は、ジェシカさんは邪魔になり、高額の保険金と凍結胚を目当てに夫に殺されたものと確信。ミテシュ容疑者はオーストラリア移住を決行する前に殺人罪ほかで起訴された。

このほどその事件の裁判が開かれ、法廷では夫妻の薬局の顧客が「私たちの目の前で奥様に毒づき、携帯電話を投げつけることもあった」とミテシュ被告のDV癖について証言。陪審員はわずか2時間50分の審理を経て有罪の評決を下した。

続いて判事が「最低でも30年間の服役を命じる」と実刑判決を宣告。被告の身柄はただちに刑務所へと送られた。

・合わせて読みたい→亡き夫の遺志を尊重か 遺体を冷凍庫で保存して起訴された妻の意外な行動

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)