出会い系で見つけた男性との同性愛不倫から妻に高額保険金かけ殺害 夫に実刑判決

2年以上にわたる執念の捜査で事件について多くの事実が判明した。夫には同性の恋人が…。

社会

2020/07/27 10:00

ゲイカップル
(milicad/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

妻の死により高額の保険金を手にし、もうすぐオーストラリアに高飛びする予定だった男。しかし警察はその直前に、妻殺しの容疑でこの男を逮捕・起訴した。捜査で見えてきた驚きの殺害動機も人々の大きな関心を集めている。



 

 

■「妻は侵入者に襲われた」

英国・ノースヨークシャー州のミドルズブラで2018年5月、薬剤師のジェシカ・パテルさんという当時34歳の女性が自宅で絞殺遺体となって発見された。

ジェシカさんとともに薬局を営んでいた夫のミテシュ・パテルは、自分がジョギングで留守にしている間に誰かが自宅に押し入り、妻を襲ったと主張。

しかしジェシカさんの実家の家族は夫の犯行を疑った。「彼は嘘つき。モラハラや暴力に苦しめられている」とジェシカさんが度々漏らしていたためだ。


関連記事:「息子が欲しかった」という夫 娘2人を産んだ妻を姑・小姑と殺害か

 

■じつは同性愛者だった夫

これを受け、警察は夫のミテシュを被疑者として捜査を開始。意外な事実を次々と突き止めた。ふたりの結婚生活は9年になっていたが、ミテシュはじつは同性愛者で、出会い系アプリを通じて男性との出会いを楽しんでいたことが判明。

さらに妻の死で日本円にして2.7億円という高額の死亡保険金を手にしていたこともわかった。

次ページ
■凍結胚を保管していた目的

この記事の画像(1枚)