小さな和菓子店の”ふぐ”が大反響 釣り好きの店主がつくった理由は…

小さな和菓子専門店の「ふぐ」が、SNS上で大反響。その訳とは…

2020/07/27 09:40

和菓子・フグ
(写真提供:和菓子處 吉祥庵)

神奈川県寒川町の無人駅にひっそりとたたずむ個人経営の小さな和菓子店のお菓子が、SNS上で大反響となっている。しらべぇ取材班は、店主から詳しく話を聞いた。



 

■全国大会で連続入賞の実績

JR相模線倉見駅前徒歩1分の場所にある「和菓子處 吉祥庵」は、釣り好きの店主(32)とその母二人で営んでいる、和菓子専門店だ。

店主は、職人歴11年で和菓子の全国大会で7年連続で上位入賞を続けるなど、確かな技を持つプロフェッショナル。このふぐを作るキッカケは、友人から「ふぐがかわいいから、それをお菓子にして」とのリクエストだったという。


関連記事:やや不気味な大量のカカシが置いてある謎の千住大門商店街 理由を調べてみた

 

■寺の住職のアドバイスがキッカケ

最初は、一点物のつもりだったそうだが、それをインスタにあげたところ、配達に行ったお寺の住職から「これを実際に販売してみたら」というアドバイスがあったそう。インスタでも、大好評だったため、即販売化に向けて着手。

一点物よりは工程を若干簡素化させて、25日から店頭で販売を開始したが、売れ行き好調だという。

→Amazonタイムセール祭り9月24〜27日 ポイントアップ&配送料無料商品多数

次ページ
■すべて微妙に表情が違う
通信販売釣り住職和菓子湘南神奈川県ふぐ和菓子職人プロフェッショナル
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング