『イッテQ』内村、ガンバレルーヤのあってはならない手違いに苦笑

「跳馬」に挑戦中の内村光良を応援するために駆けつけた、ガンバレルーヤの2人。しかし、よしこは勘違いからあってはならないミスを犯してしまい…

エンタメ

2020/07/27 12:00

ウッチャンナンチャン・内村光良
(写真提供:JP News)

26日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、内村光良が跳馬に挑戦。その中で、応援に駆けつけたガンバレルーヤが、大先輩の前であってはならないミスをしてしまう一幕があった。



 

■「跳馬」に挑戦していたが…

御年55歳の内村が、「イッテQ! カレンダープロジェクト」として挑戦することになったのは、体操種目の一種である「跳馬」。

素人が挑戦することのできる限界レベルの技という「前転飛び一回ひねり」の習得を目指すも、体への負担が大きく、急遽ロケを2日間延長する措置が取られる。


関連記事:千鳥・大悟、志村けんさんとのロケ秘話を明かす 「また行きたいって…」

 

■よしこ、「乗馬」と勘違い

そうした中、ガンバレルーヤの2人が内村の応援に駆けつけ、船に乗ってアナゴ釣りに出かけるなど、気分転換の時間が取られたのだが、その後訪れた寿司店で事件が起こってしまう。

よしこは、持参したホビーホースに乗って現れると、「お父さん、乗馬頑張って!」と内村を激励。一見ボケと思いきや、よしこは本気で勘違いしていたようで、内村も「乗馬じゃねんだよ、跳馬なんだよ。本当にお前間違えて持ってきただろう」と苦笑してしまう。

その後、ホビーホースを持ってうろたえるよしこの様子とともに、「実話です」とのテロップも入れられた。

次ページ
■天然っぷりが大ウケ