強烈に臭う「自粛汗」が今夏いたる所で拡大 誰もがなりえるその原因とは

「ひるまえほっと」(NHK総合)で、今年の「汗」は例年より臭う可能性があるという気になる分析が紹介された。 番組ではそれを「自粛汗」と名付け…

話題

2020/07/29 07:00

女性・汗
(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

28日放送「ひるまえほっと」(NHK総合)で、今年の「汗」は例年より臭う可能性があるという気になる分析が紹介された。

番組ではそれを「自粛汗」と名付け、新型コロナウイルスによる長期の自粛生活がその原因になっていると説明。ネットで話題を集めている。



 

■「使わないと機能が低下」

同番組に出演した、医学者で体臭多汗研究所の五味常明医師によれば、新型コロナウイルスが一気に広まった4月〜5月、外出を控えたことで汗をかく機会が激減したケースが多いという。

「つまり汗を出す汗腺を使っていないということ。使わないと機能が低下するので悪い臭う汗をかきやすくなる」と説明した上で、「4月、5月は夏場にいい汗をかくための準備期間のようなもの。暑さに慣れていない汗腺が急に夏を迎えるとベタッとした汗をかきやすくなる」とそのメカニズムをわかりやすく説明した。

関連記事:夏の気になる汗染みはこれで解決 ワークマンの高機能Tシャツが最高だった

 

■ストレスも汗に直結

さらに悪い条件は重なるもの。日々感じているストレスも発汗には大きく影響しており、「コロナに対する不安や、外出自粛のストレスは緊張汗の原因になる」と五味医師は解説。

この精神性発汗は、手のひらにかく汗や、額ににじむ汗などストレスがかかった際に出るものだが、普段より臭う成分が含まれており結果的に「臭い汗」になりやすいという。


■「また知らんワードが」

番組では、足の臭い対策として周辺のリンパや血行を良くするストレッチ方法、さらに熱いお風呂に入って汗をかき汗腺を鍛える方法や、制汗剤が有効的だと説明していた。

そんな汗に関する興味深い特集に、ネットでは「自粛汗っていう言葉を初めて聞いた…!」「また知らんワードが出てきた!」と驚嘆する声が次々上がっている。

また「自粛汗は臭い汗?」「自粛汗とかやってるけど、これオタク臭いって言われる奴だよね?」と興味を示す声も散見されている。

・合わせて読みたい→「夏用マスク欲しい」50代女性は8割弱 汗でのメイク落ちも課題か

(文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤