清原和博、覚せい剤に溺れた日々をドラマで再現 職質の多さに「気の毒」との声も

『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で、清原和博氏の真実が明かされた。

2020/07/29 08:00

清原和博

28日に放送された『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)では、元プロ野球選手・清原和博氏が覚せい剤に溺れた日々を再現ドラマで放送。その中で、清原氏が何度も警察官から職務質問をされるシーンが「少し気の毒」と話題になっている。


画像をもっと見る

 

■外出する勇気をもらったのは…

ある日、致死量を超えた薬物の大量摂取で緊急入院し、その後逮捕された清原氏は、4年間の執行猶予期間中に、医師から「重度の薬物依存者」と告げられた。

そんな医師から、薬物依存で苦しむ人達とのグループミーティングに参加してみないかと誘われた清原氏。しかし、その勇気がない清原氏のもとに、ある時、最後の甲子園で優勝した瞬間、歓喜の中最後まで離さなかった思い出のバットが送られてきた。

「もう1度このバットを振れる自分になりたい」と思った清原氏は、その時にようやく外出する勇気が出てきたという。


関連記事:石橋貴明と清原和博で伝説の“男気ジャンケン”復活 あのガッツポーズが再び

 

■「何もしていないのに」

しかし、清原氏がトレーニングジムで汗を流して車に戻ると、偶然通りかかった警察官が近付き「カバン見せてもらってもいいですか?」と声をかけてきた。この時、清原氏は、自分に薬物依存者というレッテルが貼られていることを痛感。

カバンの中身を見せた後も、警察官は清原氏に尿検査をお願いし「何もしていないのに…」と、清原氏は屈辱を味わった。その後、清原氏は何度も同じように職務質問をされ、その度に尿検査をされたという。

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

次ページ
■職質の多さに賛否
薬物日本テレビ職務質問清原和博ザ!世界仰天ニュース
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング