オードリー若林、『アメトーーク』に手ぶらで挑む芸人に怒り 「めっちゃ腹が立つ」

『あちこちオードリー』でオードリー・若林正恭が「腹が立つ芸人」について熱弁して…

エンタメ

2020/07/29 18:40

若林正恭

28日深夜放送『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ~』(テレビ東京系)でオードリー・若林正恭が「腹が立つ芸人」について熱弁した。



 

◼じゃないほう芸人だった2人

相方ばかりが目立つ「じゃないほう芸人」として苦汁を舐めてきた若林とゲストの麒麟・川島明。2人を救ったのは、独自の切り口で芸人をイジる『アメトーーク』(テレビ朝日系)と『ゴッドタン』(テレビ東京系)だった。

川島は『R−1ぐらんぷり』で決勝に出場し『アメトーーク』などに呼ばれるようになる。この出演に決死の覚悟で挑んだ川島に若林も共感、「背負ってるバズーカの数ハンパない」と多くの武器を手にして同番組にはのぞんだと明かす。


関連記事:オードリー若林、じゃないほう芸人からの脱却は「あの大物芸人がきっかけ」

 

◼武器が必須

「めちゃくちゃ手榴弾入れているしナイフも持ってる、絶対に殺したる」と同番組出演というチャンスに爪痕を残すべく、必要以上に準備を万端にしたと川島も振り返る。

「スゴイ救われた」と2人で『アメトーーク』などの番組への感謝を示すなか、若林は覚悟を持って番組に挑まない芸人への怒りを滲ませていく。

次ページ
◼若林の怒り