鏡6枚でつくる立体万華鏡の動画が話題 担当者は「コロナ渦で来館できない人のために」

動画が立て続けに注目を集めている宇宙科学館ってどんなところなの?

話題

2020/07/30 12:00

宇宙科学館外観
(写真提供:佐賀県立宇宙科学館)

佐賀県武雄市にある1999年創立の「佐賀県立宇宙科学館」は、約28万人の年間来館者数を誇る人気総合科学館だ。この科学館が、コロナ渦で来館できない人のために作った動画が、立て続けに注目を集めている。しらべぇ取材班は、その人気の秘密を探った。


画像をもっと見る

 

■話題の立体万華鏡を作るには…

今、大きくバズっているのが、科学館の専門スタッフが作成した「立体万華鏡」。箱をのぞいたとは思えない美しさに、引き込まれる。

「じつは、これは割と簡単に作れる」と担当者。まず鏡を6枚用意して、そのうちの3枚の鏡の裏側にある銀の部分を剥ぐように、傷をつける。それを、立方体に組み立てると、傷に光があたって、あのように綺麗に見えるという。立体万華鏡の工作キットも市販されているそうだ。


関連記事:客1人しかいない水族館の「衝撃投稿」が話題 その悲しすぎる理由とは

 

■子供たちに大人気の自由研究道場

この動画企画は、コロナ渦の前は大人気だった「自由研究道場」がもとになっている。子供たちの夏休みの自由研究をお助けしようというイベントで毎年参加者が殺到するほどだった。

自由研究道場
(写真提供:佐賀県立宇宙科学館)

しかし、新型コロナの影響からなかなか来館できないという子供たちも多いということで、動画を使って楽しんでもらおうと始めたそう。今後の自由研究道場では、実際に立体万華鏡のようなものを作る企画を検討中だという。

次ページ
■3つのゾーンに分かれている館内

この記事の画像(5枚)