オリラジ中田、石橋貴明は「YouTubeへの闘志を感じた」 裏側明かす

オリエンタルラジオ中田敦彦が自身のYouTubeチャンネルで、とんねるず石橋貴明との共演の裏側を明かした。

エンタメ

2020/07/30 20:00

オリエンタルラジオ・中田敦彦

29日、オリエンタルラジオ・中田敦彦が自身のYouTubeチャンネル(セカンドチャンネル)を更新。話題になっている、とんねるず・石橋貴明との共演の裏側を語った。



 

■石橋は「優しかった」

28日放送『石橋、薪を焚べる』(フジテレビ系)に出演した中田。テレビへの出演はじつに半年ぶりと、すっかりYouTubeの人になった印象だが、この日はテレビを離れた背景を、DaiGoやカジサックとのエピソードを交えて語っていた。

29日にアップした動画では、冒頭で石橋について「優しかったですよ、本当に」とコメント。共演に感激した様子を見せる。


関連記事:オリラジ中田がYouTuberになった理由を告白 「テレビもう無理だなって…」

 

■YouTubeへの闘志を感じた瞬間

その後、中田は石橋のYouTube進出について言及。登録者110万人(7月30日時点)とすでに大きな話題となっている「貴ちゃんねるず」だが、中田は石橋に「YouTubeへの闘志を感じた」そうで、その理由を語っていく。

中田によると、映画『ゴッドファーザー』的な雰囲気のある芸人の世界と違い、ユーチューバーたちはそこまで上下関係がそこまで強くないという。だからこそ、自分自身が接していても「やんちゃな若い人が多い」と感じるそうだ。

次ページ
■石橋「面白いじゃない」