仮面女子・美音咲月が男子生徒を誘惑 なぜかサイパンで剣道デビュー飾る

アイドルにグラドルと幅広いフィールドで活躍中の美音咲月が、新規イメージ作品をリリース。イベント会場にて、作品の見所を存分に語ってもらった。

グラビア

2020/07/31 20:40

美音咲月

アイドルユニット『仮面女子』のメンバー・美音咲月が最新イメージ作品『#咲月とお受験勉強』(アイドルワンレーベル)をリリース。彼女の魅力が存分に味わえる作品の見所を語ってもらうべく、しらべぇ編集部がイベント会場に駆けつけた。


画像をもっと見る
 

 

■人生初の剣道はサイパンで

美音咲月

今作で彼女は、家庭教師役に挑戦。少年に勉強を教えたり、一緒にデートをしたりと、全世界の男子が一度は夢見たことがあるような理想のシチュエーションが作中にて展開されるという。

なぜか剣道に励むシーンも撮影されたようで、「人生初の剣道をロケで赴いたサイパンにて挑戦した」というかなりレアなシチュエーションを体験したと、思い出し笑いを交えながら語ってくれた。


関連記事:緒方咲、変形しすぎたギリギリのスク水でプールに 「一歩間違えたら…」

 

■いつになっても慣れないのは…

同作が5枚目のイメージ作品となる彼女。そろそろ撮影にも自信がついてくる頃合いだが、どうしても「恥ずかしさ」が勝ってしまうシーンがあるという。

黒い水着を着用し、教え子の少年を誘惑する「夜のシーン」が収録されているが、どうやら自身の中の理性がブレーキをかけているようで、「でもそんな…駄目ですよって感じですよね(笑)」と恥ずかしそうな様子でコメント。

「やっぱり何回やっても恥ずかしいですね」と繰り返しており、誘惑シーンでは内心の恥じらいを想像すると、作品がより楽しめそうだ。


■大阪と東京の違いは…

美音咲月

大阪出身の彼女も、気づけば東京に進出してはや1年。エスカレーターに乗る際のお作法や、「マクドナルド」の略しかたなど文化の違いには多少戸惑っているようだが、「大阪とそう大きくは変わらない」と1年間を振り返っている。

しかし、関西と比べて関東地方ではお店に入っても話しかけられるケースが少ないようで、「(フランクな人が多いのが)大阪の良さかな」ともコメントしてくれた。


【美音咲月(みね・さつき)】

1999年4月11日生まれ/T168・B85(F)・W54・H83/血液型:O型/趣味:読書/特技:フラフープを回し続ける事、暗算

・合わせて読みたい→グラドル・あべみほ、「逆上した相手に吊るし上げられる」シーンを熱演

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ 撮影/HIRO)

この記事の画像(7枚)