手作りで対応も 40代の5割が子供用マスクが手に入らず困った経験あり

新型コロナウイルスの予防に、マスクは欠かせない。しかし子供用のマスクが手に入らず、困った人も多いようだ。

ライフ

2020/08/01 20:30

新型コロナウイルスの流行により、外出時にはマスクが欠かせない状況になった。子供たちも大人と同様にマスクが必要になるが、小さめのマスクが手に入らずに困った人もいるようだ。


画像をもっと見る

 

■「子供用マスクがなく困った」4割も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の既婚者で12歳以下の子供を持つ男女262名を対象に、「子供用のマスクについて」の調査を実施した。

子供用のマスクが手に入らず困ったことがあるグラフ

「子供用のマスクが手に入らず困ったことがある」と答えた人は、全体で44.3%だった。


関連記事:加藤綾子、ガチャピン柄マスクがお気に入り 顔のサイズに注目集まる

 

■大人用も子供用も売り切れ

年代別では、30代から40代が高い割合になっている。

子供用のマスクが手に入らず困ったことがある年代別グラフ

大人用のマスクが売り切れていた時期には、同じように子供用もなかったようだ。

「大人用のマスクも売り切れで転売が相次いたときには、子供用もまったく手に入らなかった。また今でも家の近所のドラッグストアには、子供用のマスクはない」(30代・女性)


もともと子供用マスクは、それほど需要がなかったとの意見も。

「新型コロナの騒動がなければ、子供用のマスクの需要は少なかったのだと思う。販売数自体が少ないから、なかなか手に入らなかったのかもしれない」(40代・女性)

次ページ
■仕方なく手作り

この記事の画像(3枚)