比ドゥテルテ大統領がマスク洗浄法で危険な失言 「燃える」「倒れる」と怒りの声も

その失言は「彼らしいジョーク」で済まされようとしている。ドゥテルテ大統領の独特のパワーゆえか…?

社会

2020/08/01 16:20

マスク
(Lazartivan/Getty Images Plus/写真はイメージです)

暴力的で好戦的、あるいは怪しげな発言で度々世間の注目を集めているフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領。このたびはマスクの洗浄、消毒方法に関してとんでもない失言を放っていた。



 

■新型コロナ患者が急増

7月29日午前10時時点で、83,600名を超える新型コロナウイルスの感染者と、1,900名を超える死者が確認されているフィリピン。7月に状況が急速に悪化し、最近は1日あたりの新しい感染者数が1,500名を超えている。

そんな中、ドゥテルテ大統領が新型コロナウイルスの感染予防対策として驚きの危険物質を推奨していたことが明らかになり、国内外の人々の怒りや苦笑を誘っている。


関連記事:加藤浩次、飲食店で客がやるべきコロナ対策に驚き 「おしぼり使うなってこと?」

 

■「消毒剤が買えないなら…」

7月21日に、「マスクの徹底消毒を心掛けてほしい。市販の消毒剤をぜひとも活用していただきたいが、入手が困難という方はガソリンか軽油でも代用できる」と発言したドゥテルテ大統領

洗えば縮む「アベノマスク」は税金の無駄遣いと叩かれ、フィリピンの大統領が考える「ドテノマスク」は臭いうえに、引火や炭化水素中毒で倒れてしまう危険性を誘発している。マスク構想は、やはり専門家に任せておくべき分野だと言える。

次ページ
■翌日に保健省の次官が訂正

この記事の画像(1枚)