13歳少女を強姦し妊娠させた男に実刑判決 DNA鑑定の結果からは逃れられず

強姦被害を受けた少女が、妊娠。中絶することになり心身ともに傷ついたというが、学校ではそれが原因でイジメの標的に…。

社会

2020/08/01 13:30


 

 

■イジメ被害に苦悩

男の蛮行が暴かれたものの、少女が13歳という年で妊娠し中絶したという噂は、あっという間に学校で広がってしまった。

その結果イジメの標的にされ、学校では「中絶!」と大声で叫ばれるなどし、ずいぶんつらい思いをしたという。さらに男の家族が逆恨みし、罪のない少女を見かけて「この嘘つきめ」などと罵ったことさえあったという。


関連記事:SNSを悪用し少女に接近 わいせつ目的で誘拐した男たちを逮捕

 

■男に下された判決

男が「確かに僕が少女を強姦しました」と認め、裁判所は男に懲役13年の実刑判決を言い渡した。死ぬまで性犯罪者として記録を残されることになったこの男に、裁判官は「被害者の暮らしはまるで生き地獄だった」「被害者はイジメまで受け自信を喪失した」と発言。

「13歳の少女にこんなにつらい思いをさせるとは…」とも述べ、男を厳しく責めた。男の最低な行為により少女は心身ともに深く傷つき、今も完全には立ち直れていない。

・合わせて読みたい→強姦され妊娠した17歳娘を父親が絞殺 「情けない大恥」と名誉殺人を主張

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事の画像(1枚)