YouTube100万人突破の石橋貴明 ネットで大逆転の成功を収めた理由とは

石橋貴明のYouTube『貴ちゃんねるず』が登録者数100万人を突破した。成功までの過程を分析。

エンタメ

2020/08/01 16:40


 

■小さくスタートした石橋

実際、石橋は「この1年やってみてダメなら引退」と強い覚悟でYouTubeと対峙。またそのスタートも慎重なものだった。

まずは6月18日にTwitterを開設し、『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ系列)に生乱入したが『貴ちゃんねるず』での公開は2週間後の7月2日。はじめは登録者数1万人を目指すとして、石橋のやりたい野球企画を公開し、謙虚にスタートさせたのだ。

大々的に上からの大御所アピールではなく、小さなもうひとつの場所をつくろうというような石橋の姿勢に、YouTubeをよく理解しかつ恐る恐るの心持ちが見てとれる。


関連記事:有吉弘行、石橋貴明のYouTube登録者数100万人達成に納得 「あの人は面白いから」

 

■マッコイ氏と石橋の再挑戦

これらの仕掛け人は『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系列)の終盤で演出を担当したマッコイ斉藤氏。

以前の記事でも記したが、『みなさん』の視聴率が揮わなかったのも、むしろお笑いを追求しすぎたがためである。お笑い自体がテレビの需要からズレてきているのだ。だからこそマッコイ氏は石橋をYouTubeに誘い、再起をかけたというわけである。

次ページ
■賭けに大勝利した石橋