浜田雅功、人生最大の悪事が「普通にアウト」と話題に のこぎりで…

『ダウンタウンなう』では浜田雅功が暴露する人生最大の悪事がネットで話題に。

エンタメ

2020/08/01 05:15

浜田雅功

31日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の人気企画「本音でハシゴ酒」では、浜田雅功が語った「人生最大の悪事」に視聴者からの注目が集まった。



 

■元暴走族総長の落語家?

(画像提供:『ダウンタウンなう』©フジテレビ)

毎回ゲストを招き、お酒を交えてその本音を探っていく同コーナー。今回は、“イケメンすぎる落語家”として人気の瀧川鯉斗が出演。

昨年5月に、令和初の真打ちに昇進し話題となった瀧川だが、なんと高校1年生で暴走族の総長になるという異色の経歴が明らかに。

その当時について、50~60人のメンバーを従え、先頭をバイクで走って暴走のルートを決める舵取りをしていたと話すなど、現在の爽やかで真面目な風貌とはかけ離れた過去が語られた。


関連記事:ダウンタウン・松本、EXITからコンビ仲を追求され… 「熟年解散ありますよ」

 

■「人の家の玄関を…」

そうした中、MC坂上忍より「(暴走族に)入ったことはないんですか?」と問われた浜田。笑いながら「ないですよ」と否定し、「僕こんな人(瀧川)と一緒にされたくないです。すげえ真面目な子ですから」とバッサリ。

しかし、突然思い出したのか「人の家の玄関をのこぎりで切ったりはしましたよ」と暴露。スタジオからはどよめきが起こった。

ネット上の投稿などを見ると、どうやら過去にもこのエピソードを番組等で話していたとみられ、凶行を犯したその理由は「家に遊びに行く約束をしていた友人が当日に不在だったので」とされているようだ。

次ページ
■「やることが規格外」