症例56件のみの獣人化現象「ゾアントロピー」 自身を鶏と主張した女性を認定

まだまだ不明点だらけだと言われている「脳」。この現象も今後にさらなる研究が必要だという。

社会

2020/08/02 17:20

鳥のまね
(panic_attack/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自身を獣人化させてしまう「ゾアントロピー(zoanthropy)」という現象をご存じだろうか。これを発症すると人間らしい声や言葉を失い、一定時間ある動物にそっくりになってしまうという。英メディア『The Telegram』などが報じ、大きな関心を集めている。



 

■珍しい精神・心理現象

ベルギーのルーヴェン・カトリック大学の研究チームが精神医学の専門誌『Tijdschrift voor Psychiatrie』に、「ゾアントロピー」という極めて珍しい精神・心理現象を発症した女性患者について論文を寄せた。

その診断が下ったのは、薬局に勤務する54歳の既婚女性。精神科の病棟で投薬治療を受けて数週間で退院し、1年後には仕事に復帰している。


関連記事:新型コロナ入院中、若い患者の様子に「焦った」 ラジバンダリ西井明かす

 

■「私がまさかそんなことを」

言動が奇妙だとして、兄に連れられ病院を受診したというその女性患者。兄は医師に「鳥のように振る舞い、頬を膨らませてコッコッコと音を立てた」「雄鶏のような甲高い鳴き声を得意げに上げる様子に大変驚いた」と説明した。

女性患者は自分を鶏だと主張したが、強い痙攣発作を起こすと同時に、普段通りの人格を取り戻したという。

医師にそれまでの数時間の様子について尋ねられた当人は、足に不思議な感覚があることを説明。ただし鶏のような振る舞いについては記憶が乏しく、「自分がまさかそんなことを」と深く恥じ入った様子だった。

次ページ
■妄想の中で自身を獣人化

この記事の画像(1枚)