「監禁と性的暴行に耐えきれず」は嘘か 父親を殺した3人娘の事件に驚きの展開

殺した父について娘たちは「小児性愛者で暴行の被害にあっていた」と主張。世間もそれを信じたが…。

社会

2020/08/02 18:40


ハンマー・女性
(Gutzemberg/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

今から2年前、三姉妹が実の父親を惨殺するという事件がロシアで起きた。逮捕された娘たちは長年にわたる強姦の被害を訴え、正当防衛を主張。しかしその後、驚きの展開となっていることがわかった。



 

 

■ナイフとハンマーで急襲

その殺人事件はロシア・モスクワ市のアパートで2018年7月に起きた。

ミハイル・ハチャトゥリアンさんという当時57歳の男性が、実の娘であるクレスティーナ、アンジェリーナ、マリア(当時19、18、17歳)の三姉妹にうたた寝の最中に急襲されたもので、凶器は唐辛子スプレー、狩猟用ナイフとハンマーだった。

ミハイルさんは頭、首、胸など全身の30ヶ所に刺された跡や打撲の跡が確認されている。


関連記事:自宅に押し入った男に性的暴行を受けた女性 目撃した娘にも深刻なトラウマ

 

■「姉妹の無罪放免を」と世間

三姉妹は警察に自首するも、2014年より小児性愛者の父による監禁、虐待と性的暴行を受けていたと正当防衛を主張。「母親が2015年に家から追い出されると被害に遭う回数が増え、耐えられなくなり殺した」と訴えた。

続いて人権活動家が三姉妹の無罪放免を求める運動を起こし、100万人近い市民が嘆願書にオンラインで署名。検察は起訴見送りの検討を余儀なくされたが、それに「待った」をかけたのは父親側の複数の親族だった

次ページ
■トラウマのひどい三女は…

この記事の画像(1枚)