ラッパー殺害容疑で妻を逮捕 バラバラ遺体の肉片・内臓は塩漬けで冷蔵庫へ

証拠隠滅を図ったことについて、ラッパーの美人妻は「夫のファンのことを第一に考えた」などと話した。

社会

2020/08/02 20:45

冷蔵庫・肉
(LightFieldStudios/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人気のラッパーが自宅で死亡した件で、警察は殺人ほかの容疑で妻の身柄を拘束した。自宅の冷凍庫には、なぜか塩漬けにされた内臓や肉片が並べられていたという。



 

■美人妻は遺体をバラバラに

ロシアの実力派ラッパーとして鳴らしていたアンディ・カートライト(本名:アレクサンダー・ユシュコ)さん。

ウクライナ出身で30歳のアンディさんが、家族とともに暮らすサンクトペテルブルクの自宅で死亡したとされる件で、警察はこのほど妻のマリーナ・クカー(36)を夫殺害、死体損壊および証拠隠滅の容疑で逮捕した。


関連記事:ダウン症の4歳娘を餓死させた父親らを起訴 遺体の一部はネズミが損壊

 

■洗濯機で洗い塩をまぶす

アンディさんの切断された肉片や内臓は、洗濯機で水洗いされると塩漬けにされ、冷凍・冷蔵庫に入れられた。

クカー容疑者は犯行を認めるも、夫が死亡した原因については「遺体の横には注射器が転がっていた。ドラッグへの依存がひどく、新型コロナウイルスによる外出規制でそれが深刻になったため、過剰摂取だと思う」などと話したという。

次ページ
■「ファンの心情を考えた」

この記事の画像(1枚)