沖縄県の医療体制が限界に 県担当者は「新型コロナ用病床が満床になってしまった」

沖縄県の医療体制がひっぱくする緊急事態。県の今後の対策とは…

話題

2020/08/03 20:20

沖縄・那覇市・国際通り
(simon_photos/iStock Editorial/Getty Images Plus/写真はイメージです)

沖縄県の医療体制が逼迫する緊急事態だ。県の集計では、1日までの人口10万人あたりの1週間の新規感染者数は18.33人で全国最多。沖縄赤十字病院では、看護師1人と、患者6人の感染が確認された。しらべぇ取材班は、県に現状と対策を聞いた。



 

■医療体制が逼迫状態

新型コロナ対策本部によると、感染者の急増でコロナ用の病床利用率が130%となり、3日朝の段階で95人が入院待ちの状況となっている。早急にホテルを確保し、待機者をホテルに入れて治療を行う方針だという。

また、現状は無症状者や軽症者を対象に自宅療養を求めているが、「こういった人たちも、ホテルが確保できればそこに順次入れていきたい」と話す。また、医療従事者の人手不足も深刻化しており、看護師や保健師の経験者に現場復帰を要請している。


関連記事:小池都知事、新型コロナウイルス「第二波」を警戒

 

■米軍の感染も深刻

3日夕方には、新たに新たに37人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表。これで、沖縄県内での感染確認は554人となった。
また、米軍から、海軍のホワイトビーチで1人の感染が新たに確認されたという連絡があったという。沖縄の米軍関係者の感染確認は合計で274人。

次ページ
■政府から県に何回となく促すも

この記事の画像(1枚)