ヒカキン、週刊誌報道の裏側告白 「事務所に連絡」「終わった…」

ヒカキンがマックスむらいのチャンネルに出演。身近な存在であり続けるヒカキンに、マックスむらいは過去の週刊誌報道について尋ねる。

エンタメ

2020/08/04 08:40

HIKAKIN

大人気ユーチューバーのHIKAKIN(ヒカキン)がマックスむらいのYouTubeチャンネルに出演。過去の週刊誌報道の裏側について語った。



 

■身近な存在は「崩したくない」

話題となっているのは、今月2日に投稿された動画。日本のYouTube業界において、最古参として知られるふたり。この日はYouTube業界の現状と今後について、それぞれの考えを話していく。

動画作りの方向性を今後変えていくかという話題では、YouTubeのトレンドを見つつ「変えられるところはガンガン変えて」としつつも、芸能人とは一線を画した身近な存在であることは「絶対崩したくない」とヒカキンは話す。


関連記事:ヒカキン、YouTuberで一番運勢が良い人を占うと予想外の結果に

 

■週刊誌報道を聞くむらい

自身を「普通のあんちゃん」と例えるヒカキンに対し、「ヒカキンさんってどこまでいってもヒカキンさん」とマックスむらいも納得。そのうえで、「言っていいのかな」と前置きしつつ、過去の週刊誌報道について触れる流れになる。

ひとりでコンビニで買い物をして、出てくる姿を写真週刊誌『FLASH』(17年8月1日発売号)に掲載された件だ。

次ページ
■内心ヒヤヒヤしていたヒカキン