都立高生が中学副校長とのトラブルで逮捕 教委は「対応に課題ないわけではない」

都立高校の生徒が中学校の副校長とトラブルになり逮捕。いったい何が起きていたのか。

話題

2020/08/04 18:45

目黒区立第九中学校

都立高校の生徒(20)が、目黒区内の路上で中学校の副校長とトラブルになり、逮捕されていたことがわかった。しらべぇ取材班は、目黒区教育委員会などから詳しく話を聞いた。


画像をもっと見る

 

■「学校周辺でビラをまいていたため」

目黒区教育委員会教育指導課によると、7日に都立高校の生徒が目黒区立第九中学校周辺の路上でビラをまいていたという。ビラは自らが通う高校の水泳授業に関するもの。コロナ禍の状況でプール授業が行われようとしたことに抗議する内容だ。

ビラをまいていた道路は、交通量が多い箇所のため、副校長らが「ご遠慮いただきたい」とお願いをしたとのこと。しかし、8日にも再びビラをまいており、中学生が高校生に寄っていくなどの行為があり、通行する車両からクラクションを鳴らされる事態に。

そのため高校生に再度お願いをしていたところ、カメラを回されたりしたため、トラブルになったという。


関連記事:熊本市教育長の思いやりツイートが話題 「遠慮なく休ませて構いません」

 

■教委は「対応に課題」

そのため、副校長は警察に連絡し、高校生は逮捕された。教委の聞き取りに対して副校長は「出回っている現場動画は、切り取られている」と話しており、「あくまで中学生を守るための行為だった」と述べているという。

教委は「中学生を守るための行為であったとしても、対応に課題がないわけではない」と語る。

次ページ
■茂木氏は「副校長は教育者に見えない」

この記事の画像(6枚)