小池栄子、バラエティ女王の座を後輩から狙われる 「さっしーが世に出るまで1強だった」

『TOKIOカケル』でバラエティ女王と呼ばれた女優・小池栄子が後輩や指原莉乃について語った…

エンタメ

2020/08/06 10:00

小池栄子

5日放送『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に女優・小池栄子が登場。女優業だけでなく、バラエティ番組でもたしかな対応力を見せつけ「バラエティ女王」と評される彼女が、同じくバラエティで活躍する後輩や指原莉乃について言及した。



 

◼女優兼バラエティ女王

女優として高い評価を受ける小池だが、バラエティ能力も規格外。ダウンタウン・松本人志や爆笑問題らとMCを務め、コントからトークまで見事に対応できる「バラエティ女王」と評されてきた。

TOKIO・松岡昌宏は「彼女の芝居が1番好き」と小池を女優として認識しているため、どういった立ち位置だと考えているのか小池本人に尋ねる。


関連記事:指原莉乃、韓国の番組で見る独特な演出を発見 「言われてみれば…」

 

◼後輩からの突き上げ

「昔はこだわっている時期があったけど、いまは観ている人が決めればイイと思っている」と小池は告白。バラエティが中心の時はバラエティタレント、女優転身当初は女優と呼ばれたかったと振り返っていく。

松岡は「(自分の立ち位置を)確立した。自分に自信がないと頑張っちゃうけど、(確立すれば)『どう思われてもいいや』ってなる」と分析。さらに「小池さんのポジションになりたい人はごまんといる。後輩や同業者から圧を感じたときある?」と尋ねる。

小池は「小池さんがやっているあの番組、小池さんがなにかで休んだら私がいただきます」とガンガンきた後輩がいたと暴露。主戦場が女優だったその後輩は、「その後ドンドン有名になった」と明かした。

次ページ
◼指原への評価は?