アインシュタイン稲田、増毛した髪がめくれる悲劇 子供の一言に衝撃

増毛中の稲田を襲った強風。子供の強烈な一言に母親は慌てて…

エンタメ

2020/08/06 17:20

アインシュタイン・稲田直樹
(写真提供:JP News)

5日放送の『今ちゃんの「実は…」』(朝日放送)にお笑いコンビ・アインシュタインの稲田直樹と河井ゆずるが出演。趣味の最中に起こったという悲劇にスタジオは笑いの渦に包まれた。



 

■趣味の最中の悲劇

4月から東京に引っ越したという稲田は、街並みを見ながら歩くのが楽しいという理由でウォーキングにハマっているそう。そのため外に出る機会が多いようだが、悲劇が起きてしまう。

地毛にくくりつけるタイプの増毛をしている稲田だが、とても髪の毛が軽いようで、強めの横風が吹いた際に「全部むわっとめくれちゃった」というのだ。


関連記事:アインシュタイン稲田、モーニングルーティンに爆笑 「1分でダメだった」

 

■子供の純粋すぎる一言

その様子を見ていた幼い男の子が、一緒にいた母親に「ママ、あの帽子なに?」と質問をしたそう。すると母親は、我が子が稲田を傷つけるようなことを言ってしまったのではないかと焦り、聞こえていないふりをして、男の子を連れてその場から立ち去ったという。

小さい子供が感じるような純粋な疑問といえるが、母親はどのように説明するべきなのか判断が難しかったのだろう。


■今田からの提案に…

そのエピソードを聞いたMCの今田耕司からは、相方の河井の毛量が多いことを理由に、余った髪でかつらを作ってみるのはどうなのかと提案するが、稲田は「今田さん、俺にもプライドっちゅーもんがあります」と断固拒否。スタジオは爆笑の渦に包まれた。

現在3年ローン、104万円をつぎ込んで増毛をしているという稲田だが、理想の髪の毛が完成する頃には、強風にも負けない仕様になっているのだろうか。

・合わせて読みたい→有吉弘行、「ステイホーム頑張ろう」に不快感 「『宿題やったの?』みたいな」

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太