石岡真衣、卒業作品は裸で透けドレス 「いろんな角度から見て」

今作でグラビアを引退する恵比寿マスカッツの石岡真衣がリリースイベントに登場。ラスト作品の見所は?

石岡真衣

恵比寿マスカッツのメンバーでグラビアアイドルの石岡真衣が、『石岡真衣 FiNAL-red-ファイナル・レッド ~台湾慕情』『石岡真衣 FiNAL-white-ファイナル・ホワイト ~結婚しちゃっていいですか?』を2枚同時リリース。今作でグラビア作品を卒業する彼女に、作品の見所と今後の活動について聞いてきた。


画像をもっと見る
 

 

■発売後Amazonで1位

石岡真衣

発売後、どちらもAmazonで1位を獲得したという今作。ラスト作品ということもあり、「有終の美を飾ることができてよかったです」と感想を語る。

取材では、2枚の作品のうち、まずはレッドから話を聞いてくことに。こちらは台湾や都内など、様々な場所で撮影を行なったそうで、本人も「内容が盛り沢山」と胸を張って教えてくれた。


関連記事:現役漫画家・あんじゅ先生、際どいセクシー水着で魅了 「裸に見えちゃう…」

 

■ドレスの下は何も着てない

気になる内容は、「想い人を探しに台湾へ行く」というストーリー。台湾で撮影をすることが夢だったという彼女は、「最後に叶ってすごく嬉しかったです!」と笑顔を見せる。

また、「心を揺さぶられる、鼻の下が伸びてしまうような作品」に仕上がったそうで、なかでも透け素材のドレスを着たシーンはお気に入りなよう。ドレスの中には何も着ていないため「いろんな角度から見てほしいです」と語った。


■引退後は「やりたいことを探したい」

石岡真衣

続いて、ホワイトの見どころ。こちらは先程とは打って変わってナース役を演じているそう。「悪い先生」も出てくるようで、包帯を巻かれてしまうシーンも。最後には意中の男性と結婚する流れになっているようだ。

グラビアを引退することについて、「20代でグラビア作品を出すことは最後にしようって決めていたので」と語る彼女。30代からは「新しい自分のやりたいことを楽しみながら探していければいいなって思っています」と意欲を見せた。


【石岡真衣(いしおか・まい)】

1990年8月7日生まれ/T155・B80・W59・H87/血液型:A型/愛知県出身/趣味:アイドル追っかけ・神社巡り・節約/特技:セクシーものまね

・合わせて読みたい→現役漫画家・あんじゅ先生、際どいセクシー水着で魅了 「裸に見えちゃう…」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部 撮影/HIRO)

この記事の画像(8枚)