完全に仮想世界だこれ… ゲームあるある動画がリアルすぎてスゴい

現実の渋谷でゲームの世界を完全再現。この完成度の高さは凄すぎる。

エンタメ

2020/08/07 12:00

渋谷
(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

『グランド・セフト・オート』『龍が如く』といった仮想世界を自由に動き回ることができるオープンワールドゲームが好きだという人は多いのではないか。じつは今、現実の世界を舞台にした「ゲームあるある動画」が話題となっている。



 

■細かいポイントまで再現

きっかけは、プロストリートダンサー二人組で活動をしている、ユーチューバー「駒沢アイソレーション」がツイッターで投稿した「渋谷でゲームあるある再現してみた」という動画。

画面の画面左上にはHPのゲージ、左下にはマップが表示されているなど、オープンワールドゲームをプレイした人なら分かるような細かいポイントが再現されてる。


関連記事:本当にあったクソリプがゲームになったと話題 メーカーは「体験すれば理解深まる」

 

■「あるある」シーンが満載

再現度の高さは動画の編集技術だけではない。操作するキャラクターが移動中に人にぶつかってしまったり、壁にひっかかりながらも歩き続けるという、思わず「あるある」と言いたくなるようなシーンが満載。

その他にも、キャラクターによる急な方向転換、立ち止まっているときの浅い屈伸、カメラの演出など、ゲームあるあるが多すぎてもはや感心するレベルだ。ここまで完成度の高い動画を作るのには、相当な時間がかかったに違いない。

ツイッターに投稿された動画は2分16秒で終わってしまうのだが、YouTubeでは11分のフルバージョンを見ることができる。


■絶賛の声が相次ぐ

投稿された動画に対して、ネットでは「カメラワークが完璧すぎる」「これはいいね1つでは足りない」「本当にゲームみたい」との絶賛の声が続出。

その他には「演じ手の人も凄い」「歩き方うますぎでしょ」など、プロストリートダンサーだからこそできる、ゲームの不自然な動き方の再現度ついてのコメントも多くみられた。

今回投稿された動画の続編は、近日公開予定とのことなので、気になる人はチェックしてみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→客1人しかいない水族館の「衝撃投稿」が話題 その悲しすぎる理由とは

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太