娘の死後に孫を引き取り育児疲れか 虐待繰り返した祖母を逮捕

病死した娘の代わりになれるのは、自分しかいない。そう考え孫を引き取った女だが、小さい子供の世話は想像以上に大変だったようだ。

社会

2020/08/08 16:40

鎖
(ravissimoS/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

両親の離婚後、母親に育てられていた子供たち。しかし母親が病死したため祖母の家に移ったが、子供たちの新生活は暴力と恐怖に満ちたものだった。



 

■保護者になった祖母

インドのウッタル・プラデーシュ州の村で暮らしていたある女性は、離婚を経て娘と息子の世話をひとりで続けていた。

そんな中で体調を崩し、数ヶ月前に他界。母親を亡くした子供たちの世話を引き受けたのは、父親ではなくパンジャーブ州ルディヤーナーで暮らす祖母(55)だった。


関連記事:15分の留守番中に起きた惨事 マンション29階から4歳児が転落し重傷

 

■虐待の始まり

祖母の家に移った子供たちだが、新生活は順風満帆にはほど遠かった。

祖母による8歳の孫息子への虐待が始まり、隣人たちが見ている前であろうが頻繁に殴られるように。7月28日には鉄の鎖で拘束され、棒で滅多打ちにされたことで腕の骨を折る重傷を負い、両脚には内出血によるアザが多数できたという。

近所で暮らす女性が、このとき大きな声や物音を聞き愕然。すぐに夫と現場に駆け付け、傷ついた少年を助けるため救急車を呼んだ。

次ページ
■逮捕された祖母

この記事の画像(1枚)