20代女性の半数が「コロナで外食できずストレス」 友達と集まれない苦痛が…

新型コロナの流行により、休業になった飲食店も多い。思うよう外食ができず、ストレスをためた人もいるようだ。

グルメ

2020/08/09 19:00


 

■店の選択肢が少なくなり

一方で自炊しない人は、外食の意味が変わってくる。

「自炊しない僕にとって外食は、みんなで集まって楽しむものというより自分のお腹を満たすための意味が強い。そのため外食ができないのなら、コンビニやデリバリーを利用するだけ」(30代・男性)


「食事の多くを外食で済ませていたため、休業する飲食店が増えて選択肢が少なくなっていく状況はつらかった」(20代・男性)


関連記事:20代女性の6割が「コロナで遊びに行けずストレス」 不満はインドア派にも

 

■会社の飲み会がなくなる

会社の飲み会がなくなり、少し喜んでいた人もいるようだ。

「会社に飲み会が大好きな先輩がいて、よく居酒屋に連れていかれていた。新型コロナの流行で、そのような飲み会がなくなったのは少しありがたいと思った」(20代・男性)


「会社の面倒な飲み会がなくなると思ったのに、上司がオンライン飲み会を提案してきた。断る理由もないだけに仕方なく参加したけれど、やはり苦痛でしかなかった」(20代・女性)


仲のいい人たちと集まって、外食ができないことがストレスになっていたようだ。

・合わせて読みたい→コロナ渦で「UberEatsの利用増えた」4割も 外出するのが面倒になり…

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日
対象:全国10代~60代の男女2,168名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)