新人AV女優・夏目響、偶然出会ったファンに「内緒ですよ…」と神対応

「名前はまだない」という名義で映像作品をリリースしていた謎の美少女が、この度「夏目響」としてAV女優デビュー。心境の変化を聞いてみると…。

メンズ

2020/08/10 18:40

夏目響

AV出演を決意したものの自分に自信が持てず、女優名義でなく「名前はまだない」という衝撃の肩書きで映像デビューを果たした謎の美女が、このたびAV女優・夏目響としてデビュー。

ショートカットの美人に目のないしらべぇ編集部は、早速本人から意気込みを聞いてみることに。


画像をもっと見る
 

 

■とにかく自信が持てなかった

4月中旬に『名前はまだない。 緊急発売 AV出演』という作品をリリースし、5月には「夏目響」名義でのデビュー作をリリースした彼女。しかしコロナ禍にあったため対面形式でのインタビューは、今回が初めてだという。

夏目:「色々な人に観られる」という部分と、「私が主役で良いのかな…」という葛藤があったので、女優名を持つことに最初は抵抗があったんです。でも、エッチなものには昔から興味があって…。幼稚園くらいにはエッチな雑誌を子供心ながらに「いかがわしいもの」として認知しつつ、興味を示していました(笑)


女優名を持たずに作品をリリースした背景には、とにかく自信がなかったので、作品を観てくれた方々の反応を知りたかった、という部分がありますね。色々な声を聞きたかったので、ツイッターのアカウントは「夏目響」になる前から開設していました! 女優名を持つ前の作品を切っ掛けに興味を持ってくださるかたもいらっしゃるので、「(旧 名前はまだない)」という説明付きのアカウントになります(笑)


関連記事:凛とした新人AV女優・三宮つばき 18年間の抑圧で性欲がものスゴい事態に

 

■名前を持てたのはファンのお陰

夏目響

自分に自信が持てなかった彼女の意識を変えてくれたのは、ファンから寄せられた数々のコメントや感想だったという。

夏目:本当はツイッターを開設することに不安もあったんです。SNSは誰でもコメントできるから、ひょっとしたら嫌な言葉をかけられないかなぁ…という気持ちがあって。でも、それより「観てくれた人の本音が知りたい!」という好奇心のほうが大きかったんですね。


寄せられたリプライも誹謗中傷は全然なくて、「応援するよ」とか「女優さんとしてデビューしてほしい」みたいな温かいお言葉ばかりで…! 私が女優としてデビューした切っ掛けは、やはりそういったメッセージに背中を押されたことが大きいと思います。女優名がついてからの撮影では、「これから頑張るぞ!」と決意を改められた気がしましたね(笑)

次ページ
■思わぬ形で最高のファンサービス

この記事の画像(4枚)